離婚における慰謝料は、離婚の原因について責任のある方が、あるいは責任の重たい方が、相手に精神的苦痛を与えたとして請求されて支払う金銭のことです。
離婚における慰謝料は、請求する側については、精神的苦痛の程度(大きければ慰謝料アップ)、離婚後の経済的条件(良ければダウン)、婚姻維持の協力度(大きければアップ)が判断材料とされます。
慰謝料を請求される側については、不貞や暴力などの有責性の程度(大きければ慰謝料アップ)、支払い能力や社会的地位(低ければダウン)、離婚を望む気持ち(=婚姻維持の放棄)の強さ(大きければアップ)が判断材料とされます。
その他。婚姻期間の長さ(長ければ慰謝料アップ)、未成年の子供の有無(有ればアップ)、親権問題も配慮されます。
離婚における慰謝料の算定はこういった要素を判断材料として算定され、不貞行為があっても通常の夫婦の場合は300~400万円というのが相場のようです。しかし、これ以上の場合もこれ以下の場合もあるというのはもちろんです。

このサイトを購読する