離婚により母子世帯が増加

2009年6月27日 18:29 | コメント(0) | トラックバック(0)

離婚とは、法的に婚姻関係にあった者が、その婚姻関係を解消することをいいます。離婚する場合、その夫婦に子供がいると、子供の親権や養育費の問題なども生じるので、子供のいない夫婦より離婚がしづらいといった印象があります。
しかし、離婚件数の中で、20歳未満の未婚の子(=親権を行わなければならない子)を持つ夫婦の離婚件数は、厚生労働省「人口動態統計」によれば、1980年には9万6千件、2003年には17万件と増加しており、離婚件数の約6割をしめる実態となっています。
離婚の際に、子の親権は妻が持つ場合が8割に達しており、この結果母子世帯が増加するという状況になっています。厚生労働省「母子世帯等調査」によれば、離婚を理由とする母子世帯数は93年に50万7600世帯、2003年には97万8500世帯と増加しており、母子世帯のほぼ8割が離婚によるものという実態があります。

 

 傷消し  ハンドクリーム
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

離婚における慰謝料の算定
離婚における慰謝料は、離婚の原因について責任のある方が、あるいは責任の重たい方が、相手に精神的苦痛を与えたとして請求されて支払う金銭のことです。
離婚における慰謝料
離婚における慰謝料というのは、相手の不貞行為や暴力行為による、肉体的・精神的苦痛に対する代償として請求できるものです。したがって、どんな離婚においても相手に請求できるというものではありません。
資金の確保
その他、離婚成立のための準備も必要です。離婚時に不利にならないように、たとえば相手の浮気が原因なら、浮気の証拠を確保することも考えた方がいいですし、財産分与や養育費の請求、慰謝料などの検討も必要です。
離婚の準備
離婚も結婚と同様に「エネルギー」が必要ですが、「離婚は結婚の100倍大変」とよくいわれます。結婚は勢いでできますが、離婚は勢いだけではできません。
熟年離婚について
「熟年離婚に拍車をかける」といわれているのが2007年4月の年金制度の改正です。これは、婚姻期間中に夫が払った保険料に相当する厚生年金を夫婦で分割できるというものです。
熟年離婚とは
「熟年離婚」とは、長い結婚生活の末にする離婚のことをいいます。一言「長い」といってもイメージする長さは人それぞれといえますが、一般的には20年以上とされています。
離婚により母子世帯が増加
離婚とは、法的に婚姻関係にあった者が、その婚姻関係を解消することをいいます。離婚する場合、その夫婦に子供がいると、子供の親権や養育費の問題なども生じるので、子供のいない夫婦より離婚がしづらいといった印象があります。
離婚の実態
離婚を年齢層別にみてみると、2005年「人口統計資料集」(国立社会保障・人口問題研究所)によれば、男女とも若いほど有配偶人口に対する離婚率は高く、2000年で男性は20-24歳が離婚率40%超、女性は19歳以下で離婚率60%弱という実態があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/382

コメントする

このサイトを購読する